So-net無料ブログ作成
-| 2010年05月 |2010年06月 ブログトップ

萩 明倫館 [はぎのおはなし]

明倫館正門.jpg
明倫館正門

明倫館
毛利藩の藩校『明倫館』
1718年(享保3年)六代藩主毛利吉元が、萩城三の丸に創建(敷地904坪)
1849年(嘉永2年)十四代藩主毛利敬親が、現在地萩城下江向に移転(敷地15184坪)
第六代藩主吉元公は、毛利藩主の中でも賢公といってよい方のようです。
かれの治世は質素倹約と、文武奨励に取り組み、その一環として『明倫館』を創設しました。

容衆
建学にあたり論語にある「容衆」と揮毫した額を掲げたそうです。
この「容衆」という言葉が毛利藩の『明倫館』の建学の精神です。

「賢を尊び、広く人々を包容す…」

尊卑・賢愚に捉われた偏見をもって人の見方を誤ることなく、真摯に学ぶことが大切であるといった意味ですかね。現代人に求められるものに思えます。

吉元の父である長府藩主綱元も質素倹約と文武奨励の藩政を行ったそうで、その影響からか萩藩主となった吉元も藩政改革に尽力したようです。

写真の表御門は、萩市指定有形文化財【昭和48年2月13日指定】

明倫館内 有備館.jpg
有備館

そんな明倫館の中にある武道場『有備館』
最近になって、少し知名度が上がったこの『有備館』…
NHKで放送中の『龍馬伝』で千葉道場のセットの作成に参考にするため、NHKのスタッフが有備館に来たそうですよ。

実際に、坂本竜馬はこの『明倫館』に来て、有備館で試合をしたそうです。
坂本竜馬のファンの方ぜひ訪れてみてください。

ちなみに、この有備館は、国指定史跡【昭和4年12月17日指定】

明倫館
住所:山口県萩市江向602


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

萩 浜崎 中村亀吉商店

中村亀吉商店.JPG
中村亀吉商店看板

中村亀吉商店

写真の看板をご覧になってお気付きでしょうか?わかりにくいですが、看板の文字が金網に貼り付けてあります。金網で漁網を表しているそうです。ユーモアがあっておもしろいですね。浜崎の伝建地区にある中村亀吉商店さん、古くから漁網製造漁具船具金物を取り扱う商店。
浜崎は、萩でも歴史の古い漁業の町らしく、現在でもお魚関係のお仕事に携わる家が多いようです。この中村亀吉商店さんも、その一つで、かつては、魚をとる網や船で使う信号や汽笛などを取り扱っていらっしゃったそうです。
店内には。かつての船道具などが展示してあり、汽笛の音を実際に聞かしてもらうことができます。
中村亀吉商店内.JPG
店内の様子

漁師の方だとすぐにわかるのでしょうが、いろいろな道具があって面白いです。
現在は、漁船もレーダーや無線を使ってハイテク化されているそうですが、かつての漁具船具は木でできたものや、真鍮を使ったもの、赤いガラスなど温かみがあります。
これらの道具を使って、命がけで漁をされていたのでしょうが、どこかのどかな憧憬のようなものを感じます。
昨今は、萩で採れたお魚は全国的に人気になってきているようですが、その漁業の歴史の一端に触れることができたように思います。
漁師さんたちの工夫や苦労のおかげで、美味しいお魚が味わえるということが実感できます
萩に訪れて、萩で採れた日本海のお魚を、是非味わってみてください


ボ~ッて感じの汽笛の聞けるお店
中村亀吉商店
山口県萩市浜崎町84

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

萩 浜崎伝建おたから博物館 [はぎのおはやし]

旧山村家住宅2.JPG
山村家門

萩の漁師町浜崎

古い漁師町の町並みを残したこの町で、毎年開催される行事『浜崎伝建おたから博物館』
今年はあいにくの雨でしたが、久しぶりに浜崎の町を散策してみました。
町家といえば京都が有名です、私は古い建物を見て歩くのが好きですが、関西在住中は京都や大阪の古い建物を見に行きましたが、この浜崎も負けていませんよ。

山村家屋根.JPG
山村家の屋根

写真の山村家は、往時の姿に再現修復されているそうで、その変り様には、かつて浜崎に住んでいた人はビックリするかもしれません。正面から見ると白漆喰の三角の屋根が三つ連なった外観はシンプルで美しく、どこかモダンな感じにさえに見えます。

浜崎伝建おたから博物館

博物館といっても、一つの建物のことではなく,町並みそのものを博物館に見立て、一軒一軒の町家を年に一度公開し、家々のお宝を展示して、お客さんに楽しんでいただくという企画のようです。
2010年の今年で13回目の開催となります。今年はあいにくの雨でしたが、思っていたより人出がありました。
山村家蔵.JPG
山村家の土蔵は母屋と棟続きで、土蔵内も展示室として、山村家がかつて使用していた道具や家財が展示してありました。
この山村家は、浜崎の情報センターのような役割をなしており、萩の古地図のパネルや、町家での生活や構造を解説したパネルを展示し、実際の建物の中で、かつての生活の知恵の結晶とでも呼ぶべき町家のすべてを学ぶことができます。

電気やエアコンのない時代に、自然の採光や風通しを考慮した住宅設計は、これからの環境負荷の少ない住宅設計の参考になるように思いました。
古きを訪ね新しきを知る、そんな町並みを是非散策してみてください。

http://www.city.hagi.lg.jp/uploaded/life/10576_28651_misc.pdf
山口県萩市浜崎町77


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

萩 御座船の倉 [はぎのまちなみ]

DSC00799.JPG

御船倉
萩市浜崎地区にある毛利藩の船を格納する倉庫
江戸時代に海のある藩にはあったようですが、日本に現存する御船倉遺構で、ここまで完全な形で残されているものはないそうです。
DSC00795.JPG
現在は埋め立てられて、陸地になっていますが、江戸時代は海に面し石と木で出来たドックの様なもので、現存は一棟ですが、当時は四棟あったそうです。
是非現地で、こんなでかい建物が四棟並んでいたことを想像してみてください

屋根は本瓦葺で、御覧のように石垣に屋根が乗っかっているユニークな外観です

広義に考えると、この御船蔵も城郭遺構ですね
DSC00801.JPG

現在、この御船倉を中心として浜崎地区は
重要伝統的建造物群保存地区
に指定されています。
とにかくでかくて、奇怪な建物です
ユニークな建物が好きな人には是非お薦めです

毛利御船倉
所在地 山口県萩市東浜崎町128-4

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

萩城 毛利氏のおしろ [はぎのおしろ]

DSC00121web.jpg萩城虎口付近の石垣

萩城は毛利氏最後の城として、かつて、西国10カ国と九州の一部を領国とした毛利家臣団の経験と知識を結集し築城されたお城です。

防府・山口・萩の3箇所の中から、幕府の裁定により萩の地に築城となったそうです、穿った風説がいろいろありますが、城塞を構築するには、指月山を背にし、橋本川と日本海に囲まれた萩に築城することが一番適していると思われます。
 萩の地は梯郭式【teikakushiki】といわれる城郭様式には最適の地であり、橋本川・松本川に挟まれた中州は、萩城の外郭の構成に重要な役割を為しています。
DSC00105.JPG
本丸堀の亀

1874年に廃城となり、かつては城の背を守備した指月山も、手付かずの山林となり、草木と石垣が戯れた城跡の石垣に登ると、草木の香りと、風に乗ってかすかに薫る日本海の海の香りに、かつてここが諍渦の中心となったことが嘘のように思います。

自然と戯れた石垣に登って世間の憂いをしばし忘れる。
そんな楽しみ方のある城跡
それが萩城です

お休みの日に是非訪れてみてください。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

萩 夏みかん祭り② [はぎのおはやし]

DSC00720.JPG
ここ山口県萩市では、現在町中が夏みかんの香りに包まれております
夏みかんは花と果実が同じ時期に木に着いているのが特徴です
このことから、花と実が親子二代に見立てて、「代々」
転じてダイダイと呼ぶようになったとか…

大阪の市場に出荷するようになってから「夏みかん」と商品名を付けたそうです
DSC00682.JPG
今日明日開催中の夏みかん祭りですが
会場は夏みかんの香りで一杯です
香りに癒されました

ステージでは、民謡や踊りが披露されていました。
のどかな感じでホノボノした田舎情緒が味わえました。

DSC00696.JPG
上の写真は、夏みかんの実を丸ごとくりぬいて、その実をゼリーにして
元に戻したお菓子です。皮が生なのでミカンの香りが食欲を誘います
気になるお値段は500円!!
安いと思います。
美味しいのでお勧めです。

特産品の販売では、夏みかんの加工品やジュースの販売
また、抹茶の接待【300円】がありました
腰を落ち着けて一服できますよ

そして…
萩の行事には欠かせない…
いつものやつ…
DSC00688web.jpg
松陰ダンゴ
何度食べても飽きない味です
素敵なお団子おねーさんが販売していらっしゃいました
お勧めですよ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

萩 夏みかん祭り [はぎのまちなみ]

DSC00582.JPG
▲写真 橋本川沿いの遊歩道から見たかんきつ公園付近白壁とツツジ

萩を代表する作物といえば
夏みかん
そんな夏みかんのお祭りが
萩市にある「かんきつ公園」にて
今日5月15日と明日5月16日の二日間
開催されます

夏みかんの芳醇な香りの中で
夏みかんの加工品の販売や
郷土芸能の披露などあるそうです
DSC00552.JPG
「かんきつ公園」の名前の由来
明治時代に、家禄を失った士族に対して
明治政府が救済事業を推進する中で
旧萩藩士であった、小幡高政【オバタタカマサ】1817~1906
という人が、明治9年、当時の小倉県権令を辞官し
萩に帰り、萩の風土を考察し結社をつくり
「夏みかんの栽培」を推進したことに始まる
荒廃した武家屋敷に残る土塀を風除けとし
日本海の暖流の影響による温暖な気候が
夏みかんの栽培に適していたようです
旧士族の嘲笑の中で、信念を貫き
ついに栽培を安定化させ特産化に成功した
以降、昭和の時代まで萩の特産品として
萩の経済を支えました。
その小幡の苦心を顕彰し、かつて小幡の屋敷跡に
多種のかんきつ類を植樹し、「かんきつ公園」とした

ここがポイント
この『かんきつ公園』を楽しむポイントは
景色とは視覚で味わうものだけではなく
嗅覚で楽しむ景色もあるということが味わうことができます
青空を見上げて、夏みかんの香りを楽しんでみてください
休日の予定がまだ決まっていない人や
ストレスを発散したい人
是非お勧めです

今年はあの…
ちょるる
が来るそうです
お子様連れで楽しめますよ♪

詳細は↓
http://www.city.hagi.lg.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=10573
◆かんきつ公園
住所 萩市平安古町161【橋本川沿い】

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

毛利氏の最後の居城 [はぎのおしろ]

DSC00126web.jpg
山口県の田舎町「はぎ」
白壁を今に伝える歴史の町
のんびりと散策するにはもってこいです
海あり、山あり、温泉ありの田舎町
気晴らしにぜひ訪れてください


萩城は、防長二国の太守毛利輝元によって1604年に築城されました。
現在、天守台を中心として本丸・詰め丸・二の丸・三の丸に石垣や土塁を残します。
また、橋本川と松本川に挟まれた三角州は、その両川を天然の堀と見立てれば、攻めるに困難な防御に特化した城塞都市であったように思われます。
萩の三角州内に流れる藍場川は、江戸時代に『大溝』とよばれ、代々の萩藩主によって開削された運河であり、治水と水運に川の水を積極的に取り入れた町作りを今に残します。
レンタル自転車に乗りながら、毛利家の残した城や城下の遺構を散策することが楽しめる町です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

-|2010年05月 |2010年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。